交通事故 > 実況見分調書は重要証拠

実況見分調書は重要証拠について

交通事故を起こし、それが人身事故の場合、警察は事故直後に刑事事件として実況見分を行います。
その結果を書面に記したものを「実況見分調書」といいます。

実況見分調書には、見分を行なった日時、その場所、立会人の名前、現場の道路状況、運転車両の状況、立会人の指示説明などが記載されます。
道路の状況とは、路面は平らかどうか、また乾燥しているかどうかなどが記載されます。
運転車両の状況とは、車両の登録番号、年式、車検有効期間、損害した部位の程度や状況などが記載されます。
立会人の指示説明とは、相手を最初に発見した地点、ブレーキを踏み込んだ地点、相手と接触した地点などが記載されます。
また、実況見分調書には、交通事故現場の見取り図や写真などが添えられます。

つまり、実況見分調書を見れば、事故の細かい状況が明らかになることから、刑事裁判において、非常に重要な証拠として扱われます。
また、示談交渉を行なう際にも、双方の過失割合を決定するための有力な証拠となります。

このように、実況見分調書はとても重要な証拠となるので、加害者でも被害者であっても、必ず実況見分には立ち会う必要があります。
また、実況見分の立会いの際には、事故当時の状況を冷静に思い出し、お互いの正確な位置関係などを説明するようにしてください。
加害者と被害者で、食い違った説明をすることがあっても、それが事実とは異なっていると思ったら、実況見分調書に真実を記載してもらうように、自分の意見を強く主張してください。
自分が説明したことが、正確に記載されているかどうか、実況見分調書を確認することも大切です。