交通事故 > 人身事故への切り替え

人身事故への切り替えについて

交通事故に遭った直後は、気が動転していて正常な状態にはなれず、体の異変があったとしても、全く気づかないこともあると思います。
そして、後になって体の調子が悪くなったり、痛みが出てきたりすることがあります。

この場合、事故現場で警察には、「人身被害」として報告していないことになるので、この事故は「物損事故」として処理されてしまいます。
だから、損害補償金を請求するためには、警察署に行って「人身事故」として切り替えを行なわなければなりません。

人身事故への切り替えの仕方は、まず病院に行って、医師の診断書を書いてもらいます。
診断書には、事故が起きた日と初診日、そして治療の期間を記載してもらってください。
また、必ず記載した内容を確認することを忘れないでください。
誤りがある場合は、医師の訂正印が必要となります。

この診断書を、事故が起きた場所を管轄している警察署に届け出てください。
自動車運転免許証、車検証、自賠責保険証明書、事故車両、認印などが必要となるので、警察署に行く前に、電話をかけて指示に従ってください。
また、再び事故現場での実況見分立会いを行なうことになるので、加害者と被害者が必ずそろって警察署に行く必要があります。
同乗者もケガを負ったのであれば、その人も警察署へ一緒に行ってください。

事故を起こしてから病院で治療を受けた日の間隔が、それほど空いていない場合なら、人身事故への切り替えが認められると思います。