交通事故 > 物損事故と人身事故の違い

物損事故と人身事故の違いについて

損害賠償が伴う交通事故の場合、相手と「示談」によって解決することがほとんどだと思います。
その示談の内容を書面に記したものを「示談書」といいます。

物損事故と人身事故の場合で、示談書の書き方自体は、基本的に違いはありませんが、人身事故の場合には、自賠責保険があることが、事故として大きな違いです。

自賠責保険は、対人賠償のみ補償される保険です。
そのため、物損事故を起こして、相手がたまたま任意保険に加入していないとしたら、全く保険がない状態なので、示談交渉をする必要があります。
また、相手が経済的に賠償金を支払う能力がない場合は、かなり不安になってきます。

それに比べ、人身事故の場合は、車両は強制的に自賠責保険に加入されているので、たいてい無保険ということはないので、その点は安心でしょう。
しかし、ケガを負って長期入院しなければならない場合などは、自賠責保険の限度額をオーバーしてしまう可能性があります。
このように、自賠責保険だけでは不安が多いので、任意保険の加入が必要となってくるのです。

また、人身事故に備えて、「人身傷害補償」に加入すると安心です。
「人身傷害補償」を請求すれば、過失割合に関係なく、保険金を支払ってもらえます。
また、相手との示談交渉は、難航が予想されることもありますが、「人身傷害補償」に加入していれば、保険会社からすぐに保険金を支払ってもらえます。
最近では、どの損害保険会社でも「人身傷害補償」の加入を進めてくると思いますし、付帯率も上がってきています。
それだけ、安心できる補償だということですね。