交通事故 > 交通事故問題と司法書士

交通事故問題と司法書士について

交通事故問題で専門家に依頼するときは、自分の相談したい内容を聞き入れてくれる専門家を選ぶことが大切です。
それでは、交通事故問題に詳しい専門家である「司法書士」について説明します。

司法書士は、物損事故の場合や損害賠償額が少額の場合は、弁護士と同等の役割を果たします。
裁判が必要となった場合は、司法書士に依頼すれば、わかりづらい手続の仕方や、書類の作成方法などを教えてくれます。
物損事故などを起こし、140万円以内の損害賠償請求の場合は、ほぼ弁護士と同様の活動が期待できます。

では、どのような場合に司法書士を頼めばいいのでしょうか。
専門家に頼みたいけど、あまり費用をかけられない場合。
交渉を決裂させたい場合や、裁判を起こして解決したい場合に、必要となる答弁書や訴状などの提出書類を作成して欲しい場合。
なかなか決裂しない物損事故などを解決したい場合などです。

司法書士を依頼した際のメリットは、一般的に、報酬が少なくて気軽に相談することができることと、加入している自動車保険によっては、司法書士費用が一部負担されるので、費用を削減することが可能だということです。

デメリットとしては、請求金額が140万円を超える場合は、相手側と交渉することができないなど、業務上の制限があることです。
また、相手側が弁護士を代理としている場合は、依頼人に負担がかかってしまいます。

司法書士を依頼するのが適切かどうかわからない場合は、無料で相談に乗ってくれる司法書士もいるので、まずは気軽に話を聞いてもらうと良いでしょう。