交通事故 > 交通事故問題と弁護士

交通事故問題と弁護士について

大事故を起こした場合は、損害賠償額も高額となり、相手との示談交渉もなかなか進まないと思います。

そのようなことで、悩んでいるひとは、専門家である「弁護士」に相談しましょう。

法律のプロである弁護士は、どんなに難航している交渉でも、有利な方向へ進めてくれるはずです。

では、弁護士の力を借りるときは、どのような場合でしょう。

相手側は弁護士に任せていて、自分だけでちゃんと解決できるか心配な場合。

ちゃんとした証拠があるに、相手が要求を聞き入れようとしない場合。

相手に裁判を起こされてしまった場合。

過失割合について折り合いが悪い場合。

事故によって後遺障害を負ったのに、納得のいく等級が認められなかった場合。

一切相手が5話を聞き入れず、一方的に自分が加害者だとされてしまった場合などです。

それでは、弁護士を依頼すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

相手との交渉をすべて代理で行なってくれるので、不安や心配を取り除いてくれます。

裁判を視野に入れた大局的な示談交渉が望むことができます。

依頼者が加入している自動車保険や裁判によっては、弁護士を依頼する費用の一部が負担されることがあり、費用を削減することができます。

また、デメリットとしては、弁護士を依頼する費用が、一般的に高額だとされていることです。

弁護士を依頼するときは、特に交通事故問題を専門としていて、今自分が困っている内容について、相談にのってくれる弁護士を選ぶことも重要です。