交通事故 > 交通事故の被害者になったら

交通事故の被害者になったらについて

初めて交通事故に遭い、被害者となってしまったら、どうしたらよいのかわからないと思います。
どのようにして、被害者は損害賠償されるのでしょうか。
答えを言うと、被害者は損害賠償の請求を、自分でしなくてならないのです。

交通事故の被害者になった場合、保険会社や加害者に全てを任せてしまっては、満足して解決することはなかなか難しいでしょう。
被害に遭った立場だからといって、何もしなくても補償される、というわけではありません。
被害者のことを想って、親身になって対応してくれる人も当然いると思います。
しかし、何も言わずに任せていたら、自分の納得のいく補償を受けられずに終わってしまう可能性が高いのです。
被害に遭ったばかりで、精神的にもショックを受けている時期だと思いますが、納得のいく補償を受けるためには、自分から進んで行動をとる必要があるのです。

それでは、十分に被害者が補償を受けるには、どうしたら良いのでしょうか?
まず、損害賠償の妥当な金額を自分で把握する必要があります。
加害者に対して、被害者が事故の損害賠償を受ける際、保険会社が示した額の支払いを受けることがほとんどです。
なぜなら、保険会社から示された金額が、その事故に対して適切な損害賠償額であるかどうか、よくわからない被害者が多いからです。
つまり、ほとんどの被害者は、低すぎない程度の賠償金が貰えれば、それで十分だと考え、示談書や免責証書に押印してしまっているのです。

損害賠償が高額になるような事故の場合は、損害賠償の額を算定するのが、よりわかりづらくなるので、たいていの人が妥当といえる損害賠償額が不明だと思います。
だから、保険会社が言ってきたことを鵜呑みにして、示談してはいけないのです。