交通事故 > 自転車事故が起きたら

自転車事故が起きたらについて

交通事故とは、自動車が関わる事故だけでなく、自転車による事故でも、大きな被害を与えてしまう場合もあります。

自転車は、誰でも簡単に乗ることができとても便利なので、よく利用すると思います。
ところが、それと同時に、スピードをそれなりに出すことができる、危険な乗り物になることもあります。
一度事故が起きてしまえば、自動車事故と同等の問題が発生します。
それにもかかわらず、自転車事故に係わる賠償責任について、ちゃんと意識して自転車に乗っている人は少ないようです。

自動車事故ならば、保険会社に頼めば解決できる場合がほとんどですが、自転車事故の場合には簡単にはいきません。
相手側との示談交渉や、治療費の問題など、解決するまでかなり大変になってきます。

それでは、自転車による事故を補償してくれる保険は存在しないのでしょうか。
損害保険会社には、「個人賠償責任保険」というものがあります。
これは、比較的安い保険料で、日常生活で起こりうるさまざまな事故をカバーし、自転車によって起きた人身事故も補償してくれます。

しかし、この保険には残念ながら弱点があります。
それは、自動車保険に付いている「示談代行サービス」が含まれないので、自分で相手側との示談交渉を行なう必要があるということです。

では、自転車事故の場合は、自分で示談交渉をするしかないのでしょうか。
全労済などの共済系には、「自転車賠償責任補償特約」というものがあります。
家庭に自転車が何台あっても補償してくれますし、「示談交渉サービス」が付いているので、とっても安心です。